無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

ネット保険と大手保険会社、どちらで火災保険に加入するべきか?

M建設の営業K氏に以前、火災保険を紹介してもらえるようにお願いしていて、本日、損害保険の営業さんから説明を聞きました。

以前の記事、奄美豪雨災害で考える火災保険のオプション付加範囲において、水災を付加しようと思っていたのですが、営業さんの見立てによると、我が家の土地は駅近くで、前面が開けており、ほかの土地より高くなっているので、豪雨になっても床上まで浸水するのは考えにくいとのことで、水災のオプションを付けるのはお奨めしないとの事でした。

確かに、オプションを付けていくと、30年一括なので、限りなく金額が上がってしまうため、予算に近づけるためにも、取捨選択していかねばいけません。

そこで、1、火災・落雷・破裂・爆裂 2、風災・雹災・雪災 3、水濡れ 4、盗難 の4種類に地震保険をセットにして、家財保険を1,000万円掛けたものと、家財保険を省いたもので比較しました。

               

                ◎家財保険を含まないプラン
Photo
               ◎家財保険を含むプラン
2
どちらにしても予算オーバーなのですが、約148万円と110万円・・・・ただし、このプランは35年で計算されているので、実際は130万円と98万円ぐらいでしょうか、それでも大分、オーバーしています。

そこで、自分で自由に組み合わせ出来るセゾン保険で計算してみました。比較するために35年でプランを作成しました。

               

                ◎ネット保険は人件費がかからない分だけ安いです
Photo_4

さすがにネット保険は大分、お安くなるようで、家財保険を含んで約126万円です。家財保険が1,000万円で見積もられているのですが、我が家の家財はどう見積もっても300万円程度です。

さて、では30年で家財保険300万円で見積もるとどうなるのでしょう?

               

                ◎予算に近づきましたよ
4_3

予算は若干オーバーするものの、 ネット保険だと大分割安です。しかし、ネット保険だといざという時の保険会社とのやり取りがどうなるのか不安はあります。

一応、銀行経由でも見積もりをお願いしたので、見積もり金額を見てみたいと思います。

    いつもご覧いただきありがとうございます。色んな事を選択する時期がやってきました。
   ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月29日 (月)

第1回目気密検査・・・驚きの結果が!

本日、午後より気密検査が実施されました。

なんというか一部の方を除いて、全く興味をそそらない記事になると思いますが、私にとってはとても大事な検査になります。

M建設さんの施工技術と工法に惚れ込んで、新居建築をお願いしたので、正直に言えば、今日の気密検査の方が、地鎮祭や上棟式より遥かに盛り上がるイベントとなっています。

この気密検査で何がわかるかというと、建物の1㎡当たりの隙間面積がわかります。

例えば、C値 1c㎡/㎡とは1㎡当たり1c㎡の隙間が空いているということになります。約30坪の家だとすると99.17㎡ですので、約99c㎡の隙間が空いている事になります。

これがC値5c㎡/㎡にもなると、極端な話をすれば、30坪の家で高さ2m、巾2.5m 20cm×25cm(500㎠)の窓が常に全開口している状態です。普通に考えても冷暖房効率は相当、悪い事がわかります。

さて、それでは我が家の気密はいくつだったのでしょうか?

Photo

気密測定装置がセットされて、二階で作業されていたお父さん棟梁も降りて来られました。皆、興味津津で測定機械を見つめます。

2

う~ん、考えても見ない数値がそこには表示されていました。唯一、お父さん棟梁のみが納得されていました。息子さん棟梁もこの数値が出る自信があったようです。

3

今回、測定された数値は開口面積15cm、我が家の延べ床面積は153.07㎡なので、なんとC値は0.1c㎡/㎡となります。

正直、0.4でも十分だと思っていたので、この数値には驚きました。

ただ、この数値は中間検査ですので、竣工後のエアコン、給気口、排気口、コンセント、キッチン、キッチン換気扇等、生活できる状態の全ての設備が入った状態での気密検査が最終的な数値になると思っています。既に、0.1c㎡/㎡を切る数値が出でいるので、この数値よりは大きい数値が出ると思われますが、このまま作業していただければ、大満足な家が出来上がると思います。

    いつもご覧いただきありがとうございます。この結果にはビックリしました。
  ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月28日 (日)

広大な土地がありますが、危ないんです。

今日は家族で車で10分ほどのへ出かけしました。妻の実家の所有地ですが、今日はそこをご紹介します。

まず、入口を入りましょう。

Photo

まだまだ続きます
2

紅葉も綺麗です。

Photo_5
ようやく建物が見えました。
Photo_2
一体、ここは何をするとこなんでしょう?

Photo_3
一般の方はあまり馴染みがないかもしれませんね~

Photo_4
ゴルフの打ちっぱなし?

3

ここにも似たような設備がありますが、ちょっと違いますね~

4







正解は・・・・射撃場でした。

Photo_7

妻の実家は射撃場を営んでいます。一般の方にはほとんど馴染みがないと思いますが、クレー射撃場です。うちの場合は、スキート2面にトラップ1面の射場があります。僕も春まで銃の所持許可証を持っていましたが、全然撃つことがなかったので、警察に返上しました。

射撃場の土地は約3万坪あるそうです。これだけ広い土地がありながら、家を建てられないのが残念ですが、散弾が落ちてくる場所に家を建てるわけにもいきません(^^;)

Photo_8

春になると数十本の桜が満開になるので、我が家はちょっと贅沢な花見ができます。

    いつもご覧いただきありがとうございます。広すぎるのも困りますね(^^;)
   ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月27日 (土)

C値を知ることの大切さ

毎日現場にお邪魔して、進捗状況を見せて頂いてますが、工程表より大分、先行しているようです。換気ダクトの配管工事もあれよあれよという間に終わってしまいました。電気工事も配線は終わったようです。              

                ◎第三種換気で24時間計画換気になります。

Photo              
              ◎24時間換気装置装置です

2
明後日29日には気密検査を行うとの事なので、C値がいくつになるのか楽しみにしています。25日の打合せで設計のY氏にM建設で最近建てている住宅のC値がいくつぐらいなのか聞いたところ、目標値が0.4㎠/㎡だそうで、実測値は0.1~0.2㎠/㎡だそうです。

最近の大手ハウスメーカーはC値を公表していませんが、それは平成21年の改正省エネ法でC値の基準が削除されてしまったからです。Q値(熱損失係数)は基準として残されていますが、例えQ値が良くてもC値が悪ければ絵に描いた餅だと思うのですが・・・Q値は、屋根・窓・外壁・床・換気からの熱損失を計算したものですが、あくまでも机上の計算で、施工精度などは考慮されていません。計算上のQ値が良くても、施工精度が悪ければ隙間風が吹く可能性もあるのです。

その点でC値を把握しておけば、Q値の値は信用に足るものとなります。C値が低いという事は、それだけ隙間を作らない施工をしているという事なので、施工精度が高いということになります。

夜は妻と二人でカーテン選びです、事業所の建築時にお願いした内装屋さんに施工の見積もりをお願いしているのですが、カタログの中から選ぶので、妻と二人であーでもない、こーでもないと、ブツブツいいながら検討中です。              

                ◎カーテンカタログは重いしデカい(^^;)
Photo_2
寝室と縦辷り、横辷り窓のカーテンがなかなか決まりません。オーダーなので、入居1月前には生地を決めときたいです。

    いつもご覧いただきありがとうございます。カーテン選びは大変ですね。
 ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月26日 (金)

現場確認の大切さ

昨日、電気関係の打合せをしたのですが、今までは設計のYさんと図面上を中心に話を進めていたのですが、実際に専門の方を交えて現場で打合せをすると、経験上どのように設置すればよいかや、配線上の危険などを勘案して提案していただけたので、とても為になりました。

例えば、テレビを壁掛けにする場合なども、落雷などによりショートした場合、万が一にも壁内で火災が起こると、対処のしようがなくなるため、壁内にCD管の中を通すにしても電源コードを通すことはNGだとおっしゃっていました。壁内の断熱材が何を使われているのかにもよるらしいのですが、とにかく、安全第一の施工をされるとの事です。

パソコンや通信機器の数に対応するために、コンセント口数を増やす予定でいるのですが、以前のコンセントの数と配置の記事のコメントでも「タップのほうが使い勝手が良いと感じることもありますよ」と助言いただいたのですが、おっしゃる通りで、PCや通信機器を接続する場合、雷は遠いところで落ちても、電話線や電線を通って機器をショートさせるので、直接、コンセントに挿し込むのではなくて、サージ付きのタップを介した方が安全だそうです。

結局、書斎のコンセントを8口にするつもりだったのですが、6口に減らし、PCや通信機器きについてはサージ防護タップに挿し込むことにしました。

最近、我が家の現場は電気工事、ダクト式換気扇配管工事、木工事と作業が立込んでいます。電気配線が綺麗に処理されているので、将来の保守も楽になると思います。

              ◎電気配線も綺麗に配線されています。

Photo_2

12月に入ると外壁工事も入ってくるので、現場は益々賑やかになりそうです。

    いつもご覧いただきありがとうございます。現場が賑やかになってきました。
 ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月25日 (木)

ようやく決断しました。

今日はM建設の設計Y氏と打合せがありました。

まず、現場にて、コンセント位置の最終確認と口数の確認、エアコンコンセントの設置位置、アンテナの設置位置、分配の確認、壁掛けテレビの設置方法、壁内配管の確認を電気工事の方も立ち会っていただき、確認しました。

一通り現場確認が終わった後に、自宅に戻り、現在の進捗状況の説明を受け、キッチン、トイレ、洗面、バスの発注仕様確認をしました。

 

◎サンウェーブ リシェルです、色は結局、ダークレオ(茶系)を選びました。僕は白系に未練が・・・
Photo
取り敢えず、各種設備の仕様を最終確定したので、これからはあれこれ悩まずに済みそうです。
              ◎トイレのCFシートとキッチン床に貼るフロアタイルも決めました。

Photo_2

仕様が確定したところで、今後の工程がどうなるのかを教えていただきました。今のところは工事が順調に進んでいるのと、通常よりも大工さんの人工を増やしているので、当初の竣工時期より前倒しになりそうとの事でした。

確かに、構造体検査なども2週間ほど前倒しで行われましたし、12月中旬予定だった気密検査も来週中に行われるとのことだったので、竣工は早くなりそうです。仮住まいしている身としては竣工が早まることは非常に有難いです。つなぎ資金融資の利息も少なくなって助かります。

で、本日の話し合いの中で決断したのは、太陽光発電の設置を見送るということです。今の予算計画の中では、太陽光発電を設置しても、なんとか予算内で収まるのですが、決して余裕があるという訳ではないので、太陽光発電予算分の余力を残す事にしました。

正直、県の補助金に間に合わなかったのも大きかったです。悶々としている間に「本当に太陽光発電が必要なのか」と何度も夫婦で話し合いましたが、結論が出ませんでした。

今回は太陽光発電の設置はは見送ろうと、僕の独断で決めて、太陽光発電の営業さんに電話しました。散々振り回した形になってしまったことをお詫びし、設置できない事をお伝えしました。営業さんはこちらを責めることなく、「またよろしくおねがいします。」と言って下さり、とても有難かったです。

思っていたよりも木工事が急ピッチで進んでいるので、こちらも準備を進めていきます。

    いつもご覧いただきありがとうございます。壁紙も決めなくちゃいけません~決めることだらけです。
  
ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月24日 (水)

家づくりの予算管理どうしてますか?

皆さんは予算管理をいかがなされていますでしょうか。

我が家は私が各備品、雑費等の金額をはじき出し、それを妻が総体的に管理するようになっています。

家づくりに於いて一番気を付けなければいけないのが、金銭感覚だと感じています。家本体の金額が大きいので、1~2万円の差が非常に小さく感じてしまいます。実際、キッチンやシステムバスなどでも、ちょっとした追加やオプションを加えるだけで5~10万円増えてしまうので、金銭感覚が麻痺してしまいがちです。

建物本体に係る金額はコントロールしやすいのですが、家具、家電、カーテン、照明などは買う物を確定しない限り増減するので、予算の管理が多少、難しいと思います。

家電でも、単品が少しずつ予算を越えてくると、家電全体では10万、20万円の差になってくるので、気がつけば予算オーバーです。

我が家ではそうならない様に妻がしっかり予算管理してくれています。正直、私が一生懸命考えて選んだ物を無碍も無く却下されると、カチンときてバトルになるときもありますが、妻は妻で一生懸命、予算内に収めようとしてくれているので、結局は妻の許可が下りない限り購入を決める事はありません。

皆さんは、予算管理するときは、やはりエクセル等で管理なされているのでしょうか?

我が家も早々にエクセルで予算管理していこうと思っていたのですが、なんとなく手書きで予算書をチラシの裏に何枚も書いてきました。

ほんの10分で済む作業なのに、ズボラするといけませんね(^^;)

Photo

           予算表フォーマットは 「sinchiku_yosanhyou.xls」をダウンロード

ようやく簡単な表計算を作ったので、これからは多少、スムーズに管理できると思います。

改めて予算総額を見てみると、太陽光発電が設置できるか微妙です。県の補助金に間に合わなかったのが痛かったです。

    いつもご覧いただきありがとうございます。予算管理は本当に難しいです。
  
ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月23日 (火)

我が家が宇宙船のように・・・

久々に工事の進捗状況を記事に出来ます。

もちろん毎日着実に進んでおり、1階の天井が伏せられたり、大事な工事が進んでいるのですが、ブログに載せるような目に見えて分かるものではありませんでした。

今日から耐熱ボードダイライトの上にDDSボードを貼り付ける作業が行われ、一見我が家は昔見た宇宙船のように銀ピカ状態に・・・・

              ◎子供が基地みたいと喜んでました
Photo
この遮熱板が南国鹿児島では大きな役割を果たします。夏場の太陽光を遮熱し輻射熱を防ぐことにより、壁内に輻射熱が蓄積されず、夜に居室が暑くなるようなことがなくなります。
              ◎気密テープをしっかり接ぎ目に貼られ気密されています
Photo_2
更に、DDSボードは断熱材の役割も持っているので、遮熱シート+ポリエチレンフォーム25mmが外張断熱材としても機能します。              

                               ◎DDSボードが外張り断熱の役割も果たします。
Photo_3
鹿児島では遮熱板で家全体を包み込み輻射熱を防ぐというのは、とても有効な工法だと思います。
              ◎西面に太陽光が当たり眩しいです
3
幸い、今の季節での施工だったので、そこまで眩しさを感じませんでしたが、これが夏場の施工だと相当、眩しかったんじゃないかと思います。

    いつもご覧いただきありがとうございます。暫くの間は銀ピカ状態です(^^)
  
ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月22日 (月)

家づくり・・・夫婦どちらが主導権を握る?

昨日の妻の記事はいかがでしたでしょうか?

実を言うと、我が家の夫婦間デジタルデバイド(情報格差)は凄まじく、僕はパソコン、携帯、スマートフォン、iPadなど情報機器から家電品までデジタル物が大好きなのですが、妻はまったく触りません。

              ◎デジ物に囲まれています。

Photo_2

せいぜい、携帯のメールをする程度で、年賀状の時期までほとんどパソコンを開ける事はない状態です。更に今夏、長年使ってきた銀パソが御臨終なされたため、ますますパソコンと縁遠くなってしまいました。

本来は妻の方が文章を書いたりするのに慣れているので、ブログを綴って行くのには向いていると思うのですが、余程、僕がブログネタで行き詰らない限り、救いの手を差し伸べてはくれません(^^;)

僕がいろいろお世話になっているブロガーさんの記事を見て、もうちょっと家の事を考えてもらいたいものです。他のご家庭は夫婦どちらのほうが家づくりに力が入っているのでしょう?

我が家は妻の記事にもあった通り、家の仕様、デザインなどは、ほぼ僕一人で決めています。間取りに関しては妻と徹底的にやりあって、今の形に落ち着きました。

家を建てるには、なんだかんだ言っても最終的に必要になるのはお金ですが、そこのところは妻の厳しい管理下に置かれていますので、結局はフィフティー、フィフティーなのでしょうか(^^;)

    いつもご覧いただきありがとうございます。どうやら妻の掌で踊らされているようです(^^;)
  ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月21日 (日)

妻の主張!

二度目の登場のsugyfumyの妻です。

うちのように、ほぼ目の前で家を建てて頂けると、少しずつ出来上がっていく様子を眺められて幸せです。

でも、私のような時間が自由になる専業主婦は逆に「どこまで 見て良いのだろう」という贅沢な悩みも生じてきます。

なので、10時と15時にお茶出しに行くという名目で見せていただくようにしています。

それで、凝り性(?)な私は(悪く言えば不器用な私)茶菓子のレパートリーで悩んだりもしています。ただ、大工さんや職人さんたちは皆、人柄が良く「いつもありがとうございます」と言って下さり、何を出しても喜んで下さるので助かっています。

しかし、「これは出す前に味見をしなければ」とか「これはこの前出したお菓子だからもう飽きただろう」などと勝手な理由を付けて、買ってきた菓子類の半分は私の胃袋に入っているような今日この頃です。

また、色々な茶菓子を求めて普段行かないような店に行くのもストレス発散になるようで楽しいです。(何しろ半分は私の胃袋に入るものですからcakehappy02

主人には「お前も少しは家の事を考えろよ」と怒られますが、中途半端な風水と予算厳守以外、あまり興味がのない私は、間取りが決定した時点で主人に任せきり状態になっております。ごめんねパパcoldsweats01

というのも夫婦って、どちらかがしまり屋にならないと、特に家を建ててる時には予算オーバーの額がどんどん膨らんでいってしまうものだと思うので、自分の要望云々よりも、金額的な面にシビアにならざるをおえません。angry

ただ、設計士さん達に申し訳なかったと思いつつ、どうしても譲れなかったのが風水、特に「鬼門、裏鬼門に不浄なものを置かない」でした。

風水は色々と流派があり、調べれば調べる程、混乱してしまうので、一般的でわかりやすい、基本的なものだけを参考にしました。ですから、本格的なものではなく、初心者にもわかりやすいDrコパさんのものを中心に読みました。なんといってもDrコパさんは主婦のアイドルですし、わかりやすいです。

                  ◎Drコパの住まいのNG風水術

Photo_5

最近ですと、エアコンの位置が変わったために、室外機の位置と外の流し台の位置がぶつかってしまって、流し台が裏鬼門の位置に移動してしまうという事がありました。これも、どうでも良さそうな事でしたが、どうしても裏鬼門は避けたいと自分の意見を通しました。coldsweats01

あとは、仏壇の位置などは、菩提寺に聞きに行ったりしました。ここで問題は、うちが二世帯で、しかも私の母と同居となるので菩提寺が違うという事。私の実家の宗派では仏壇は二つバラバラに設置し、基本的には南向き、主人の菩提寺は異なる名字でも仏壇は一つにまとめ、東向きに設置するとの事。

このような些細な事まで流派によって違うのであれば、何でもアリだったのではないかとも思う今日この頃です。

風水にこだわると、ろくな家が建たない」という名文句もあるらしいですが、未だに悩みどころであります。

 

    いつもご覧いただきありがとうございます。妻の記事はいかがでしたでしょうか?
  
ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月20日 (土)

新居の断熱・気密性能

何度かこのブログにも書かせていただきましたが、我が家がM建設さんに新居建築をお願いしたのは、他のビルダーさんと比べて、断熱・気密性能が優れていると思ったからです。

もちろん、それは我が家が出せる住宅資金で比べての事なのと、優れた住宅性能がありながら、デザイン等で僕の感性とマッチせず、お願いしなかったビルダーさんもありました。

M建設さんでは断熱材にミラフォームを使われていて、熱伝導率が0.024kcal/mh°C以下で、床に50mm、壁に30mm、天井に100mmの物が使われています。さらに壁に関しては耐震耐熱ボードダイライトに更に25mm断熱材に遮熱シートが貼られたDDSボードを外張りして施工されています。
              ◎断熱材>耐熱ボード>断熱材遮熱ボードが施工されます

Photo
もちろんミラフォームよりも熱伝導率の低い断熱材はありますが、費用との兼ね合いで、費用と性能をどこでマッチさせるかになると思います。限りある資金の中で、最大限の効果を得ることが大事だと思います。

我が家が暮らす町は冬は温暖で最低気温が5℃を下回る日はほとんどありません。そういう気候条件を考えても、過剰な断熱施工は必要ない事になります。

ここ鹿児島では象徴でもある桜島があります。既に今年の噴火は800回を越え、灰が毎日のように何処かの街に降り注ぎます。幸い我が家が暮らしている町は比較的、降灰がない方なのですが、それでも降灰があった日には家じゅうがザラザラして、非常に気持ちが悪いです。

ほかの温暖な県ならば、通風を生かした中気密住宅でも気持ち良く過ごせると思うのですが、桜島の影響を受ける地域では、高気密で外部の影響を極力受けず、夏の暑さに対応した施工が必要だと思います。              

                ◎断熱材と間柱の間をしっかり気密テープで塞ぎます
Photo_2

当然M建設では気密も非常にしっかりしていて、隙間ができるところには、ウレタンフォームでカバーし、断熱パネルと間柱の境には気密テープを施工し気密をしっかり確保します。暑さ対策としては、遮熱シートで家全体を囲み輻射熱を遮ります。

              ◎DDSボードには遮熱シートが貼られています。

Dds
この断熱、気密施工された家に欠かせない物が窓ガラスの断熱性能と換気ですが、窓ガラスについては以前の記事「窓ガラスの重要性」にて実体験に基づいて書かせていただいています。

換気については、ダクト式第三種換気装置が施工されます。これも温暖な鹿児島には最適な換気だと思います。ダクト式第一種換気の全熱交換式であれば、冬は冷たい外気を暖かくして取り込み、夏は冷たくして取り込む事ができますが、コスト的に高くなりますし、メンテナンスの手間を考えると、ダクト式第三種換気が我が家には合っていると思います。

  いつもご覧いただきありがとうございます。明日は妻が記事を書きます。
  ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月19日 (金)

JIOの構造体検査

本日の朝9:00からJIO(日本住宅保証検査機構)の検査を受けました。

JIOの検査は2回目で、1回目は基礎の配筋検査を受け、2回目の今日は構造体の検査を受けました。検査内容は、筋交い、金物、屋根の小屋組み、屋根防水、耐火ボード等々の施工状況のチェックでした。

              ◎屋根の防水施工も検査対象です

Photo

JIOの審査基準に合致していれば合格し、基準以下であれば、補償の対象にならないため、再検査を受けることになります。

              ◎しっかりチェックされます

Photo_2

               ◎施工されていた耐熱ボードをはずしてチェックされました。

3

JIOの検査員の方とちょっと話をしたのですが、住宅密集地などでの検査があると、どうしても路上駐車になってしまい、検査している間に駐禁の切符を切られる事が度々あるそうです。奥さんを連れて行けるときは同乗させて、駐禁されることを避ける涙ぐましい努力をされているそうです。

ビルダーによって施工状況に相当、差があることも言われていました。構造体検査に来ているのに、筋違も入っていない状態だったりとか、一目見て不合格な物件など、様々なようです。

丁度、検査のついでにM建設のY氏が屋根施工の状況をデジカメに収めて下さいました。

              ◎片流れですが斜度は緩やかです。

Photo_3

              ◎まさに、ガルバリウム鋼板・・・味もそっけもないです(^^;)

2

味もそっけもない片流れ屋根ですが、外部からはほとんど見えないので、あまり気にしてはいません。当初のプランだと北側の屋根は見える予定だったのですが、最終プランでパラペットを立ち上げたので、北側の屋根は見えなくなりました。

  いつもご覧いただきありがとうございます。構造検査も無事に終わりました。
  ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月18日 (木)

屋根施工が始まりました。

我が家も屋根工事が始まりました。

屋根工事とは言っても、うちの場合はガルバリウムの屋根なので、瓦屋根やコロニアル屋根よりは時間はかからないと思います。

ガルバリウム屋根を施工業者さんが持って来られる時にびっくりしたのが、屋根材がロール状に巻かれていて、ロール伸ばし機のようなもので真っ直ぐに伸ばされて出てくるのを見て、思わず『おぉ~』と感嘆の声を上げてしまいました。

               ◎伸び~る、伸び~る

1            
              ◎出来上がりはこちら
2

ロール状に巻かれていれば、軽トラでも運搬できるので、便利ですよね。

我が家の屋根は外部からほとんど見えません。唯一見れるのは南側と東側のお隣の2階からしか見えないのです。しかもその2軒は空き家になっているので、足場が付いているうちしか屋根は見れないということになりそうです。

  いつもご覧いただきありがとうございます。今朝、注文住宅で7位になっていてビックリしました
  ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月17日 (水)

仮住まいアパートの断熱性

新居建築中の間、妻と子供たちは妻の実家で仮住まいさせてもらっていますが、私は新居完成までの間は妻の実家から歩いて3分のアパートで独り住まいをしています。もちろん食事は妻の実家で家族一緒に取っています。

たまたま、格安新築のアパートが引っ越しのタイミングと合う時期に出来たので、引っ越したのですが、家賃も安いため、安普請で冬なんかは寒いだろうと思っていたら、予想外に暖かくてビックリしています。妻の実家などはこの季節になると朝晩が冷え込んでしまい、暖房を入れないと、相当寒いです。

              ◎こんな感じのアパートです。

Photo

よくよくアパートの仕様を調べてみると、2×4の木造アパートで窓は樹脂サッシのペアガラスになっていて、既存の住宅より遥かに高気密、高断熱仕様で建てられていました。

実際、数年前に住んでいたマンションよりも保温能力は上だと思います。マンションの時は通路側の部屋が11月を過ぎると朝晩が寒くて仕方ありませんでした。

実際はRC造のマンションの方が気密性は高いはずですが、差があるとすれば窓だと思います。住んでいたマンションは築7年でしたが、窓はシングルガラスのアルミサッシでしたので、冬になると、ガラスもサッシ部分も結露が酷かったです。

                               ◎今時はアパートでも4☆なんですね

Mado

鹿児島では今のアパートの仕様であれば外気温が10度以下でも寒さをそれほど感じないので、それ以上の断熱、気密施工をされる新居では今までよりも暖かい冬を過ごせそうです。

12月の中旬ごろには1回目の気密測定もあるので、数値的な物も御報告できると思います。

       いつもご覧いただきありがとうございます。朝晩寒くなってきましたね。
              ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチっと1クリックお願いします。

             注文住宅ブログのランキングに反映されますので、よろしくお願い致します

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月16日 (火)

我が家の家づくりにおけるカーテン予算

以前、オーダーカーテン専門店に見積を依頼し、大分前にその結果が来ていたのですが、やはりオーダーカーテンはクロスが貼られたころで、どのようなカーテンが合うのかを現地で見て、生地を合わせるのがベストだとの事で、参考程度の見積もりが来たのですが、やはり予算を大幅にオーバーした金額でした。

見積金額は予算40万円を大きく越える48万円で、費用が大きかったのが、シェードと装飾カーテンレールでした。 ただ、カーテンレールに関しては、できるだけいい物を付けたいと思っているので、シェードをロールスクリーンに変えるか、取りつける窓の数そのものを減らすかを検討せざるおえなくなってきました。

そこで、妻と設計Y氏を交え検討したところ、いくつかの窓ガラスを型ガラスに変更しました。

                 ◎グレーで塗りつぶした窓が型ガラスです

Photo_3

目隠しの為だけに、カーテンやシェードを付けるのはもったいないので、トイレや洗面、バス、光取りのためのFix窓に関しては型ガラスとしました。

デザインと費用の兼ね合いが難しいのですが、諦める所はすっぱりと諦めるのが肝心なのかなと思っています。思い起こして後悔する事もあるかもしれませんが、予算をキッチリ守るのが家づくりでは大事な事だと思います。

                いつもご覧いただき、ありがとうございます。予算の管理は難しいですね。
        ブログ更新の励みになりますので、
よろしければポチっと1クリックお願いします。
        注文住宅ブログのランキングに反映されますので、よろしくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月15日 (月)

現在の進捗状況

10月8日から新築工事が始まり、一月余りが経過しました。これまでに紆余曲折はありましたが、ビルダーさん、現場の棟梁などの努力により工程表通りに工事は進んでいます。
今日は、現在の進捗状況を記録したいと思います。ほとんどの窓ガラスがはめ込まれ、外観のイメージが付くようになりました。

難しいもので、パースや3DCGで思い描いていたイメージと、実際に建って見る感覚は大分、違う感じがしました。

新居は東面と南面は外部から死角になるため、北面と西面にデザインの比重を置いていますが、東面が当初考えていたよりも道路から見えるので、どうしようかと妻と相談中です。
              ◎東面が結構、道路から見えます。どうしたものか・・・
201011152_2
              ◎北面、西面のデザインを重視しています。
20101115_2
201011151_2
              ◎南面と庭部分は前のお宅(空き家)からしか見えません。

201011153_2

玄関も納入されました。どのようなデザインかを実際に確認できるのは、竣工前になると思います。それまでは、このように大事に養生されています。

              

                              ◎玄関が入りました。断熱ドアK2(Ⅰ.Ⅱ地域)仕様です。

201011154
              ◎我が家のデザイン上のアクセントになる横辷り窓です

201011155
毎日、着実に作業は進んでいます。11月に入ってから公私ともに凄いスピードで一日が過ぎていくので、まだ、決めるのは先でいいと思っていたことが、あっという間に迫ってきます。こちらも着実にこなしていきたいと思います。


        いつもご覧いただき、ありがとうございます。どんどん設備も入ってきます。
        大変励みになりますので、
よろしければポチっと1クリックお願いします。
        注文住宅ブログのランキングに反映されますので、よろしくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月14日 (日)

家のデザイン

当初、家を建てようと思った頃は普通に土地を買って、建てようと思っていたので、色んなデザインを考えていました。その中でも、有力候補だったのが、南欧風のデザインでした。

やはり、鹿児島は温暖な地域なので、洋風な家を建てるのであれば、南欧風がマッチすると思いましたし、スパニッシュな洋瓦にも憧れがありました。当初はインターデコハウスさんや、洋風の家を得意とする工務店さんのオープンハウスに良く出かけていました。

              

                              ◎インターデコハウスさんのラ・プロヴァンスです
La_001

その頃はM建設さんで家を建てられればなぁとの希望はあったのですが、土地を購入しなければならないとなると、ほぼ無理だと思い込んでいたので、M建設さんのオープンハウスに出掛ける時は、間取りなどの参考に見学させていただくという感じでした。

結局、妻の実家が持っていた土地に建てさせてもらうことになり、家のデザインを考えた時に、僕の感覚では駅前通りの狭い土地に南欧風の家は合わないと思い、デザインの方向性をシンプルモダンな感じに方向転換しました。

              

                                ◎このデザインに落ち着きました

Photo_3
元々、M建設さんはシンプルモダンなデザインを得意にしていたので、プラン作成時に
外観に関してはスムーズに決定することができました。とにかく長く住む家なので、飽きが来ない事と、陳腐化しないことに重点を置いてデザインしていただきましたが、陳腐化に関しては、流行り廃りがあるので、どうなるかわからないですよね(^^;)

        いつもご覧いただき、ありがとうございます。現場の変化を楽しんでいます。
        大変励みになりますので、
よろしければポチっと1クリックお願いします。
        注文住宅ブログのランキングに反映されますので、よろしくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月13日 (土)

コンセントの数と配置

そろそろ配電工事もあるので、コンセントの数と位置を決める時期になってきました。

コンセントの数と位置を決めるにあたって考えてるのは、AVとPCに関するコンセントはそれぞれ、4口コンセントを2か所ずつ配置しようと思っています。AVとPC周りはどうしても機器が増えてくるので、タコ足配線になりがちですが、極力、タコ足配線を避けるために最初からコンセント口数を増やしておくつもりです。
               ◎AVとPC関連のコンセントは8口用意

2

廊下に設置されるコンセントは主に掃除機のためのコンセントなので、設置高さを800mmに設定しました

エアコン用のコンセントは冷暖房能力の大きさによっては200Vコンセントを設置しなければ稼働しません。エアコンのカタログなどに100Vか200Vかは載っているので、念のために確認しておく必要があると思います。

      いつもご覧いただき、ありがとうございます。毎日少しずつ進んでいます。    
      大変励みになりますので、よろしければポチっと1クリックお願いします。
      注文住宅ブログのランキングに反映されますので、よろしくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月12日 (金)

中間金支払い、上棟式を執り行いました。

本日、中間金支払いと、こじんまりと上棟式を行いました。

朝、銀行から連絡があり、口座につなぎ資金を入金しましたとの連絡があり、我が家の口座に8ケタのお金が一時的にプールされる事に・・・・しかし、3時間後の午後1時にはM建設に中間金として支払い、あっという間に口座のお金が二桁減りました(^^;)

なんだかんだと、バタバタしている間に上棟式の時間に・・・・本来ならば、五色旗を揚げて、破魔矢を飾り、餅撒きもしたいところだったのですが、敷地が狭いため、お浄めと直会のみの慎ましやかな上棟式を執り行いました。

              ◎上ってしまえば気持ちいいんですがね(^^;)

Photo_2

出来ることならあまり上りたくない屋根に上り、四方を焼酎と岩塩でお浄めしました。上るまでは憂鬱でしたが、上ってしまえば普段見れない景色にちょっと感動しました。足場が設置されているうちにしか屋根には上れないので、これが最後になるかもしれません。

              ◎屋根の四方に米と岩塩、焼酎でお浄め後、二礼二拍手一礼。

Photo_3
屋根でのお浄めの後は、地面の四方を同じようにお浄めしました。

             ◎相場が建っているため、人の通れる隙間がなく大変でした。 

2

お浄め後は皆で建築中の新居1階のLDKになる場所でささやかな食事会を催しました。仕出しを頼んだお店が私の同級生のお店だったので、オードブルも大盛りの上にお刺身の盛り合わせをサービスしてもらいました。

              ◎僕の両親も駆けつけてくれました。

Photo_4

              ◎同級生が思いっきりサービスしてくれました。 

2_2

結局、オードブルとお刺身だけで皆、お腹一杯になってしまい、お弁当は持ち帰ってもらいましたが、誰も中身を開けてないので、どんな物が入っていたのかわかりませんでした(^^;)

      いつもご覧いただき、ありがとうございます。上棟式も無事済みました。
      大変励みになりますので、よろしければポチっと1クリックお願いします。
      注文住宅ブログのランキングに反映されますので、よろしくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月11日 (木)

上棟時の天井断熱&小屋組み施工紹介

先週の上棟時にM建設のY氏が撮って下さった小屋組時の施工を紹介したいと思います。

本来ならば、自分で屋根に上って施工時の写真を撮ればいいのですが、なにせ、正真正銘の高所恐怖症なので、ちょうど施工写真を撮っていた設計のY氏にブログに載せるので、撮った写真をメールで送って下さるようにお願いしてありました。

送っていただいた写真は、断熱材を敷いてウレタンフォームで気密し、その上から断熱ボードを施工して小屋組みをし、隙間の空いている小屋束にウレタンフォームを注入して気密を確保する一連の作業がしっかりと記録されていました。

このような形で記録に残っていると、施主として安心出来ます。

              ◎天井断熱敷き込

1_2

              ◎断熱材のジョイントにウレタンフォームを注入

Photo

              ◎断熱ジョイント気密テープ処理

75

              

                ◎断熱ボードの施工

3 

              ◎小屋組み組み立て

Photo_4

              ◎小屋束ウレタン注入

Photo_5

こうやって、何人もの方が関わって家が出来上がって行くのを見ると、住まい手側も家の手入れをちゃんとして大事に暮らしていかなければいけないと、つくづく思わされます。

      いつもご覧いただき、ありがとうございます。とうとう記事数も100を突破しました。
      大変励みになりますので、よろしければポチっと1クリックお願いします。

      注文住宅ブログのランキングに反映されますので、宜しくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月10日 (水)

窓ガラスの重要性

内部の木工事に入ると、毎日、確実に作業は進んでいるのですが、目に見えての変化を見つけるのはなかなか大変です。今日は窓ガラスが搬入され、1階部分の窓ガラスの取り付けが行われました。

             ◎巾2560mm 縦2200mmの引き違い窓です

25604

ここ2~3年の間に窓ガラスの性能に関心が高まっていると思います。

新居を建てようと動き出した4年前は樹脂サッシでLow-Eペアガラスを標準仕様としている鹿児島のビルダーはほとんどなかったと思います。

M建設さんの場合は、3年以上前に既に標準装備となっていたので、驚きました。

              ◎M建設さんは窓の性能にも拘っています

25602_2

以前はマンションに住んでいて、冬になると窓ガラスに結露し、サッシに水たまりが出来るほどだったので、妻が朝起きて最初にするのは窓ガラスとサッシを拭く事でした。その頃は賃貸ということもあり、ただ単純に毎朝拭くのが面倒くさいのと、カーテンがカビてくるのが困るだけでした。

ところが、新たに事業所を建てるときに、18室ある居室と2つのリビング合わせて20ヵ所の掃き出し窓を全てペアガラスにしたところ、旧事業所では冬場の窓拭きが非常に大変だったのですが、新事業所では窓ガラスがほとんど結露する事無く、非常に快適になりました。ただ、新事業所の窓ガラスはアルミ枠にただのペアガラスなので、冷え込んだ時に窓枠のアルミ部分に熱橋が起こり若干の結露を見る事があります。

この窓枠に付いた結露がくせもので、放っておくと結露が壁内に染み込んで、木材をカビさせたり、断熱材を濡らしたりする原因になります。

              ◎さすがに持ってみなかったのですが、アルミ枠より軽いのでしょうか?

25603

M建設さんにお願いした理由の一つとして、樹脂サッシのアルゴンガス入り遮熱Low-Eペアガラスが標準仕様だった事があります。

              ◎大きめの窓なので、日が燦々と入ってくれればいいのですが・・

2560

              ◎縦すべり出し窓も

Photo

              ◎和室からは北面道路が一望・・・外からも一望

Photo_2              

              ◎玄関ホールのFIX窓から明かりを取ります。

Fix_2

最近ではエコポイントの付与対象となるため、鹿児島でも外側がアルミで内側が樹脂という複合樹脂サッシでLow-Eペアガラスを標準仕様とするビルダーさんが増えて来ました。

断熱、気密を確保するには構造体だけでもダメですし、窓ガラスだけでもダメなので、非常にコストとのバランスが難しいと思います。

結露を防ぐ事を考えると、木枠のサッシが一番いいのでしょうが、手入れが非常に大変そうな事と我が家ではコスト的に厳しいです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。よろしければポチっと1クリックお願いします。
注文住宅ブログのランキングに反映されますので、宜しくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月 9日 (火)

上棟式の餅撒きしましたか?

皆さん家を棟上げされた時に上棟式はいかがされたでしょうか?

私は上棟式というより棟上げ式という方がしっくりと来ます。

鹿児島では一般的に棟が上がると屋根に五色の旗が揚がり、破魔矢飾りが飾られると、御近所の方々が集まって来られます。施主は棟梁の指示に従い屋根に上り、四方祓え、拝礼、清め酒を行い、餅撒き小銭撒きが行われ、棟上げされた新居で直会(なおらい)を開きます。

              ◎現在の仕事場の上棟式の模様です。

Photo_2

              ◎上棟式の後に綺麗な虹が架かっていたのが印象的でした。

Photo_3

最近ではそういった行事を行わないところが増えてきているようですが、我が家も前面が歩道に面しており、その先が交通量の多い県道となっているので、餅撒きは諦めました。

仕事の関係上、我が家以外に複数の小規模介護施設建設に携わり、その度に上棟式を行ったので、肝心の新居で餅撒きを行わないのは気が引けるのですが、何と言っても安全第一なので、直会のみの上棟式となりそうです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。よろしければポチっと1クリックお願いします。
注文住宅ブログのランキングに反映されますので、宜しくお願い致します。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

2010年11月 8日 (月)

建築現場で気付くこと

現在、我が家の進行状況は上棟も無事に終わり、内部の木工事に入っています。

昼休みや3時などの貴重な休憩時間に10分ほど時間をいただき、進捗状況や窓の位置、造作部分の配置などを相談させていただいています。

もちろん、ビルダーとも打ち合わせをしてある程度の位置決めなどはしているのですが、やはり、現場で実際の取りつけ位置がどの様になるかなどを見ないと、せっかく設置しても使いづらかったり、使わない設備ができるので、現場の棟梁からのアドバイスや意見はとても貴重です。

   ◎本日の現場 左隅をパラペット(扶壁)にすることにより、スクエアに見えるよな意匠にしました。

Photo

     あなたのクリックが励みになります。1クリックでランキング点数に加算されます。

             にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                               こちらもよろしくおねがいします。

                     ↓

               人気ブログランキングへ

2010年11月 7日 (日)

日曜日の現場を見て考えること・・・

日曜日の現場は綺麗に後片付けされ、静かに時が流れています。

ここ数日は忙しなく現場が動いていたので、久しぶりに静かな日常が戻ってきました。上棟が始まってからあっという間に図面通りの外観が現れ、基礎の時点では小さいなと思っていた家も立体化されると思いのほか大きく感じて、かえって圧迫感を感じるほどでした。

圧迫感を感じる理由として、普通のお宅だと、家の前面にアプローチや駐車場があって歩道や道路との緩衝地帯になっているため、よほど大きな家でもない限り、道路から見たときに圧迫感を感じることは無いのですが、我が家の場合は、その緩衝地帯が狭いために歩道の際に家がそびえ立っているような感じになっています。

Photo

更に、土地の間口が狭く、ギリギリまで巾を取っているので、余計に大きく見えるのかも知れません。義母の話だと、ご近所から大きな家を建てられるのね~と冷やかされるそうです。多分、二世帯住居としてはそんなに大きい建物ではないと思うのですが・・・

家を建てるのには余計なところにも気を使わないといけないようです。

     あなたのクリックが励みになります。1クリックでランキング点数に加算されます。

             にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                               こちらもよろしくおねがいします。

                     ↓

               人気ブログランキングへ

2010年11月 6日 (土)

モデルハウスで再確認

今日は子供達も連れて期間限定のモデルハウス展示場に行ってきました。
もちろん、目的はM建設さんのモデルハウスを見学し、外壁の仕上がりの再確認と住みやすい工夫があれば取り入れたいとの思いでお伺いしました。

展示場は大手から地元のビルダーまで10社13棟の展示場で、本日がオープン日だったので、とても活況でした。出来れば他のビルダーのモデルハウスも観てみたかったのですが、M建設のモデルハウスをじっくり見学したことで満足してしまい、そのまま帰ってしまいました。

モデルハウスを見学したことで、収穫がいくつかありました。

我が家の書斎はとても狭いのですが、今の仕様では120cmのカウンターを造り付けてもらう予定でしたが、モデルハウスの書斎のカウンターがL字に造られていたので、参考にし、我が家もL字カウンターを検討します。また、1階リビング部分に壁付けのカウンター設置を検討します。

                ◎とても狭い書斎ですが、L字カウンターを検討中ですPhoto_5
                ◎一階リビングにもカウンターを追加Photo_4 我が家の外壁は無塗装不燃14mmサイディングにサンドエレガンテの吹付なのですが、通常だと、サイディングの幅910mm間隔で縦に、縦3m間隔で横にジョイントが来るので、その部分の接ぎ目が目立つため、北面の壁は接ぎ目を全部埋めてもらうことにしました。

また、北面の横すべり4つの窓の位置について、大工さんからの提案で、現状の施工計画だと、下の窓が床から400mmの高さしかないので、取り付け位置を2100mmか上げた方がいいのではないかとの提案があり、設計のY氏に合わせて検討してもらえるようお願いしました。

                  ◎現場でいろいろな提案をしていただけるのがありがたいです

Photo_2

           励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

             にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                               こちらもよろしくおねがいします。

                     ↓

               人気ブログランキングへ

2010年11月 5日 (金)

外観が現れてきました~上棟2日目

昨日中には柱をほぼ組み終わり、今日は防火壁、断熱材の施工が行われました。

本来は片流れ屋根ですが、正面から見ると陸屋根に見えるようにフェイク処理されます。
              ◎間口が狭い土地なのでシンプルに見せたいのです

Photo_2

今日はiPhoneでの撮影なので、実際の奥行き感がわかると思います。東面は駐車場があり、道路からはほとんど見えないため、デザイン的には手を掛けていません。こういうところでコストダウンしています。

         ◎東面はほとんど見られないので、デザイン的には手を掛けてません

Photo_3

         ◎西面は道路から丸見えなので、デザインに変化を付けています。

Photo_4

             ◎構造用面材も施工されています。
Photo_5

             ◎断熱材も隙間なくハメ込まれています。
Photo_7

銀色のボードは遮熱ボードになります。南国鹿児島にはとても有効なものだと思います。冬の寒さもですが、なによりも夏の暑さをどう凌ぐかがポイントになります。構造用面材に遮熱ボードを張り付け、外張り断熱となります。M建設では充填断熱と外張り断熱を併用したハイブリット工法なのです。

             ◎断熱材の上に遮熱シートが張られています。

Photo_9

毎日変化のある現場が見れてワクワクします。恐らく、今が一番家づくりで楽しい時期なのかもしれません。 

今日は営業のK氏から連絡があり、いろいろ仕様を詰めていかなければいけませんねと話をしたところでした。


           励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

             にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                               こちらもよろしくおねがいします。

                     ↓

               人気ブログランキングへ

2010年11月 4日 (木)

どんどん組み上がっていきます~上棟1日目

薄く雲はかかっていますが、棟上げするには持って来いの一日になりました。

朝の7時過ぎより工事関係者の方が集結し、クレーン車も配置されて上棟作業が始まりました。安全の為に防護ネットが張り巡らされているため、外側からは作業の様子がうっすらとしかわからないのは残念ですが、安全は何よりも優先されるのでそこは潔く諦めます(^^;)

               

                ◎クレーンが天空高く伸びていきます

Photo_2

昨日の追記で『防護ネットが張り巡らされていてクレーン作業は大丈夫なのだろうか』などと書いてしまいましたが、クレーンオペレーターさんはもちろんプロなので、全くの杞憂でした。

              ◎熟練のオペレーション技術で資材を搬入します

Photo_5

本来ならば、足場の階段を軽やかにトントントンと登って行き、デジカメでパシャパシャ撮りまくるところなのですが、何と言ってもこちらは高所恐怖症、敢え無く設計Y氏に望みを託し、メールで屋根の施工風景を送ってもらう事にしました。

              ◎間口が狭いので奥行が長く感じます。

Photo_4

最後に北東側からの全景を・・・骨組みだけですが、基礎の時と違って大きく感じます。

              ◎基礎の時も飽きませんでしたが、いつまでも長居してしまいます。

5

           励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

             にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                               こちらもよろしくおねがいします。

                     ↓

               人気ブログランキングへ

2010年11月 3日 (水)

さぁいよいよ立体化が始まりました。

11月3日文化の日は統計的にも天気の良い日が多いそうです。

今年は統計通り、とても良く晴れ渡りました。今朝から上棟の準備が始まり、我が家の立体化が始まりました。

上棟が終わると家の形がほぼわかり、家づくりが本格化してきます。実はここから先が長いんですけどね。まだまだ決めなければいけない事や、やらなければいけない事が山積みなので内心焦りまくってます。

              ◎まさに秋晴れ・・・

Photo

              ◎整然と柱が立ち並びますストーンヘンジみたい

Photo_2

午後からは足場が組まれています。

                              ◎これで、上棟準備は整いました。

Photo_3

外観が見れるのは、上棟の時のみで、後は足場が外れるまではネットで覆われることになりそうです。

追記;夜見たらすでにネットも張られていました。でも、クレーンで吊って資材入れるとき
    に邪魔にならないのかな?

           励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

                   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                   にほんブログ村

                               こちらもよろしくおねがいします。

                     ↓

               人気ブログランキングへ

2010年11月 2日 (火)

テレビ壁掛け or 壁寄せスタンド 上棟資材が運び込まれました。

今、悩んでいるのはテレビを壁掛けにするかどうかです。

壁掛けにするには前もって壁を補強しておく必要があるので、そろそろ決めておかなければいけません。壁掛けにしておけば壁内にCD管を通しておいて、その中に配線類を通しておけば、非常にテレビ回りがスッキリします。

しかし、電気店の店員さんに言わせると、壁内配線は見えないだけに、内部で結露等が起こらないとも限らないため、積極的には勧められないとの事でした。

壁掛けにしたい理由は、テレビ回りをモダンにスッキリさせたいのが目的なので、代替え案があれば、それでもいいのです。壁掛け工事が難しければ、壁寄せユニットの裏に配線を隠しておけば、スッキリ見せられるかも知れません。

                  ◎壁寄せスタンド8万円越え~

Photo_2

いずれにしても、実態に設置して試せないのが悩ましいところです。

さて、今日の現場は・・・・
うちの狭い敷地に上棟資材が所狭しと並べられました。しかも1階分のみで置き場所が無くなり、2階分の資材は棟上げ当日に組み上げながら搬入する事に・・・・             

                   ◎資材が入りきりません・・・・
Photo
                  ◎こちらは断熱材
2
明日には足場を組んで、明後日から建て方が始まります。立体化されると一気にテンションが上がってきそうです。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

                   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                   にほんブログ村

2010年11月 1日 (月)

断熱材施工~そして静かな桜島~

今日は断熱材を間柱の間に施工する作業が行われていました。

M建設さんでは落とし込み根太構造で、根太の上に間柱を施工します。間柱の方が根太よりも少し幅が狭くなっている事により、根太の幅を断熱材を乗せる受けに応用しているそうです。
              ◎綺麗に断熱材が施工されています
Photo
また、断熱材と間柱の隙間には気密テープを貼ることにより、しっかり気密を確保しています。土台と間柱の隙間には防蟻フォームで気密が取られています。

              

◎この防蟻フォームはF☆☆☆☆認定を受けVOC発散も無いそうです
Photo_3
明日からは棟上げのための資材搬入が始まります。我が家が立体化されるのもすぐそこです。
              ◎静かな桜島・・・ずっとこのままで・・・・
Photo_4

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

                   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                   にほんブログ村

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

日めくりカレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気

ジオデータ

Add