無料ブログはココログ

« JIOの構造体検査 | トップページ | 妻の主張! »

2010年11月20日 (土)

新居の断熱・気密性能

何度かこのブログにも書かせていただきましたが、我が家がM建設さんに新居建築をお願いしたのは、他のビルダーさんと比べて、断熱・気密性能が優れていると思ったからです。

もちろん、それは我が家が出せる住宅資金で比べての事なのと、優れた住宅性能がありながら、デザイン等で僕の感性とマッチせず、お願いしなかったビルダーさんもありました。

M建設さんでは断熱材にミラフォームを使われていて、熱伝導率が0.024kcal/mh°C以下で、床に50mm、壁に30mm、天井に100mmの物が使われています。さらに壁に関しては耐震耐熱ボードダイライトに更に25mm断熱材に遮熱シートが貼られたDDSボードを外張りして施工されています。
              ◎断熱材>耐熱ボード>断熱材遮熱ボードが施工されます

Photo
もちろんミラフォームよりも熱伝導率の低い断熱材はありますが、費用との兼ね合いで、費用と性能をどこでマッチさせるかになると思います。限りある資金の中で、最大限の効果を得ることが大事だと思います。

我が家が暮らす町は冬は温暖で最低気温が5℃を下回る日はほとんどありません。そういう気候条件を考えても、過剰な断熱施工は必要ない事になります。

ここ鹿児島では象徴でもある桜島があります。既に今年の噴火は800回を越え、灰が毎日のように何処かの街に降り注ぎます。幸い我が家が暮らしている町は比較的、降灰がない方なのですが、それでも降灰があった日には家じゅうがザラザラして、非常に気持ちが悪いです。

ほかの温暖な県ならば、通風を生かした中気密住宅でも気持ち良く過ごせると思うのですが、桜島の影響を受ける地域では、高気密で外部の影響を極力受けず、夏の暑さに対応した施工が必要だと思います。              

                ◎断熱材と間柱の間をしっかり気密テープで塞ぎます
Photo_2

当然M建設では気密も非常にしっかりしていて、隙間ができるところには、ウレタンフォームでカバーし、断熱パネルと間柱の境には気密テープを施工し気密をしっかり確保します。暑さ対策としては、遮熱シートで家全体を囲み輻射熱を遮ります。

              ◎DDSボードには遮熱シートが貼られています。

Dds
この断熱、気密施工された家に欠かせない物が窓ガラスの断熱性能と換気ですが、窓ガラスについては以前の記事「窓ガラスの重要性」にて実体験に基づいて書かせていただいています。

換気については、ダクト式第三種換気装置が施工されます。これも温暖な鹿児島には最適な換気だと思います。ダクト式第一種換気の全熱交換式であれば、冬は冷たい外気を暖かくして取り込み、夏は冷たくして取り込む事ができますが、コスト的に高くなりますし、メンテナンスの手間を考えると、ダクト式第三種換気が我が家には合っていると思います。

  いつもご覧いただきありがとうございます。明日は妻が記事を書きます。
  ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

« JIOの構造体検査 | トップページ | 妻の主張! »

仕様」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

気密、断熱は、快適に暮らす為には、
もっとも重要な家の基本性能の一つですよね。
費用・性能のバランスの良いビルダーさんの様で、
安心して任せられますね。
最低気温が5度程度ですか。暖かいですねー
本州では比較的温暖な静岡でも、数日前には3度程度まで冷え込みましたよ。


こんばんは Massaさん

鹿児島でも僕の住んでる地域は特に温暖な方だと思います。
鹿児島市までは車で30~40分程度ですが、鹿児島市で雪が
降っていても、こちらでは降らない事が多いですね。

でも、同じ鹿児島市でも車で1時間ほどの伊佐市などは1月から
2月にかけては連日、最低気温は-2~-5℃になります。

こんばんは〜

詳しい断熱性能の解説大変勉強になります(^^)

ご存知のとおり
私も断熱性能を求めた結果、M社にしたクチです。

ただ、断熱性能のみを追求した建物は
断熱材が、夏に「蓄熱材」と化すことが多い。
というのが私の持論です。

家の中で熱中症にかかる方(特にお年寄り)が増えているのは
そのような夏対策がされていない「高断熱仕様」住宅が増えたことも
原因の一つ、と聞いたことがあります。

断熱・遮熱・換気、この三つが有効に機能することが
寒さ、暑さ、結露への対策に必要なのですね。

こんばんは izumiさん

そうなんですよね、鹿児島の場合、どこまで断熱性能を求めるのかも
考えないといけないですよね。あまりに過剰な断熱をしてしまうと、
それこそ魔法瓶効果が逆に働いてしまいますしね。

鹿児島って桜島があるので、家づくりに於いては特殊な事情があると
思うんですよ。降灰時に窓を開けっぱなしにはできないですし、他の
都道府県と比べて、雨が降っていなくても窓を閉めていなくてはいけな
い状態が多いんですよね。

そうなると、通風で涼をとるということがなかなか難しいので、気密性
を上げて、冷房効率を上げることが必要になってきますね。

こんにちは。
最近は一戸建ての気密性がとても進化しているのですね~
基本的には温かい鹿児島ですが、朝晩は東京より寒いんじゃないかと思うくらい
冷え込むのはきっとおうちのつくりのせいなのですね・・・。(←古い義実家)

義姉はHMさんにお願いしているのですが、
その営業さんから家具はF☆☆☆☆を選ぶように言われました。
家の気密性も関係しているのだと思いますが、
おうちをよく作っても、家具で気分が悪くなることもあるようです。
東京の我が家は開けっ放しなので気にしたことはなかったのですが・・・

桜島の灰、お察しします・・・
義実家はsugyfumyさんのおうちとは反対側なので、これからの季節、灰が降ってきます。
車が・・・(>_<)

こんにちは きこりんさん

高気密になるほどホルムアルデビド等の化学物質の揮発に気を付け
なければいけないからでしょうね。

同じ鹿児島でも姶良市は温暖ですからね~、内陸部に入ると関東と
寒さは変わらないかもしれませんね。

車の駐車場をどうするかっていうのは新築するときの重要な問題に
なります。土地が広ければ、当然、ルーフ付、予算があればビルトイン
の駐車場にするでしょうね。

ほんと、桜島の灰は大変です(><)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563352/50081509

この記事へのトラックバック一覧です: 新居の断熱・気密性能:

« JIOの構造体検査 | トップページ | 妻の主張! »

日めくりカレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気

ジオデータ

Add