無料ブログはココログ

« web内覧会 生活感の出てきた1階リビング | トップページ | web内覧会~外構完成形です。 »

2011年4月 4日 (月)

高気密高断熱住宅の住み心地

さて、新居での生活を始めて一月半が経ちました。その中で感じた住み心地を書いてみたいと思います。

我が家はこの鹿児島という地に家を建てることで、桜島の灰が入ってこない家を建てるということが大前提になりました。

桜島の噴火が活発になったのが約3年前からなのですが、それまでは桜島も比較的穏やかで、年に数十回しか噴火しない年が何年か続いていました。

噴火が活発になる前からオープンハウスを見に行ったりしていて、その頃は正直言って高気密・高断熱の家を建てようなどとは全く考えていませんでした。逆に高気密高断熱の家なんかは息が詰まりそうなイメージがあって避けていたぐらいです。

しかし、桜島の噴火による降灰が激しくなり、考えは一変しました。

とにかく灰が降り出すと窓を開けることができないので、窓を開けて風を通すということは不可能になります。そうなると、灰が入ってこないように家を閉め切った上で換気ができて冷暖房を効かせるためにどうすればいいのかを調べた結果、高気密・高断熱住宅にたどり着きました。

高気密高断熱の仕組みについては非常に詳しく解説されてらっしゃるkokkoさんのブログ

          「高気密高断熱住宅に対する誤解を解く2」がありますので、そちらを見ていただければ間違いないと思います。

で、前置きが長くなりましたが、実際の住み心地がどうかというと、延床46坪の室温を1階の6.3Kwのうるるとさらら1台で2階も含めた全ての居室を20℃前後で保ってくれていました。4月に入ってからはエアコンを切っていますが22℃前後で一定しています。

ただ、エアコンを切って困ったのはこのところ晴天続きだったのもあり、湿度が25%まで下がってしまった事です。うるるとさららが稼働しているときは45%で推移していたので、うるるとさららの加湿能力の高さに感心してしまいました。

M建設の営業K氏より過乾燥には気を付けてくださいと言われていましたが、ここまで乾燥するとは思っていませんでした。

以前心配していた空気が淀んで息が詰まりそうな感じになるんじゃないかというのも、住んでみて全くありませんでした、我が家の壁は全てビニールクロスですが新築のオープンハウスに見学に行ったときに感じる新築特有の臭いというのも一切ありません。M建設では第3種のダクト式24時間換気を標準で採用されていて、各居室の排気率も決められているので、しっかり計画換気されているようです。

Photo

2

まだ、住み始めて間がないのと新居への愛着もあって、贔屓目に見ている部分が間違いなくあると思いますが、家族皆がこの新居の暮らしが快適だと言っているので、我が家にとっては最良の家が建てられたんだと思います。

鹿児島では地場のビルダーさんが工法を工夫されていて、鹿児島に合った家を建てて下さいます。大手のハウスメーカーの制震免震技術は目を見張るものがありますが、日々の暮らしと住宅の性能を考えたときに辿り着いたのがM建設さんでした。

私は桜島や新燃岳がある鹿児島には高高住宅が必須だと思いますが、それ以外の温暖な地域では施主の考え方次第だと思います。

   いつもご覧いただき、有難うございます。高高住宅が必要かは地域によっても変わります。
     ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~

    注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。

                                               にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                       にほんブログ村
Br_decobanner_20110228213132_2

« web内覧会 生活感の出てきた1階リビング | トップページ | web内覧会~外構完成形です。 »

住んでから~」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

高高住宅は快適で良いですよね。
夏の熱が抜けないなんて言っている人もありますが、
全くそんな事はないですし。
断熱・気密がしっかりしている事と、計画通りに働く24時間換気で、
むっとする様な熱のこもり等皆無でした。

ところで外気の吸入口のフィルターってどんあ感じの物が付いていますか?
機会があれば、是非教えて下さい。
火山灰なんかを考慮した特殊なものがあるのでしょうか?

こんにちは Massaさん

まだ住み始めて2ヶ月にもならないので、住み心地を語るのは早すぎるの
かもしれませんが、うちの場合は以前の住環境と劇的に変化しているので、
今の所、良いところしか見えてこないですね。

外気の吸入口フィルターは至って簡単なものですよ、花粉対策のされた
もので一月に一回取り外して清掃してます。吸入口の形に火山灰が付着
していますね~、小虫の死骸も付着してますわ(^^;)

sugyfumyさん、住み心地リンク集へのトラックバックありがとうございました。

住宅建築を検討中の皆さんにとって、とても有益な情報になることと思います。

夏場の住み心地も是非、聞いてみたいと思います。
今後ともよろしく、お願いします。

 各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集  
  →  http://sea.ap.teacup.com/kokko/405.html

こんにちは kokkoさん

夏場の住み心地を考えてM建設さんにお願いしたので、今夏がどうなるか
に全てが掛かっています。

サーキュレーターなどを駆使して、節電に努めたいですね。

オール電化って深夜電力との組み合わせで電気代は安いですが、使用量
は物凄いですもんね・・・・妻と良く電気の使い方を話し合わなければ・・・

sugyfumy様

初めまして。
私、ブロリレ事務局の、竹中と申します。
いきなりのコメントで失礼いたします。

この度、sugyfumyさんが2011年4月4日に書かれた
「高気密高断熱住宅の住み心地」
という記事をブログリレーションというWeb上のサービスでご紹介させていただきたく、コンタクトさせていただきました。

ブログリレーションとは、サイト訪問者にとって魅力あるブログ記事を、
サイトのメインカテゴリであるブログコミュニティにお借りし、
そのお礼として、アマゾンギフト券を贈らせていただくシステムです。
今回のコミュニティは全国の「素敵住まいブロガーさん」による、6つのカテゴリで構成されています。
(現在の記事を転用させていただきますので、新たに記事を書いていただくなどのお手間は発生いたしません。)

対象となるサイトは、4月15日にリニューアルオープン予定の「住宅総合館」という、家づくりに関心をお持ちの皆さまが集まる、コミュニティ&住宅カタログお取り寄せサイトです。

このサイトに集まる方々は、これから家を建てたいとお考えの若い世代の女性が中心で、
既に素敵な住まいを実現されているブロガーさんの記事から家づくりのヒントを得て、夢の実現の一歩を踏み出していただきたいと考えております。

詳細については改めてご案内させていただきますので、ご興味を持っていただけましたら、お手数ですが次の連絡先までご連絡いただけますでしょうか。

E-Mail: info@blog-relation.com

長々と失礼いたしました。
ご連絡をお待ちしております。

ブロリレ事務局 竹中
運営会社 株式会社インターロジック
⇒ http://www.interlogic.jp/index.html

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563352/51303907

この記事へのトラックバック一覧です: 高気密高断熱住宅の住み心地:

« web内覧会 生活感の出てきた1階リビング | トップページ | web内覧会~外構完成形です。 »

日めくりカレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気

ジオデータ

Add