無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011年8月 2日 (火)

~ちょっと失敗したこと~ トイレのおはなし 完結編

本日、我が家のトイレ臭気問題を解決すべく、LIXIL(リクシル)の営業、技術の方とM建設の営業と設計の方がそれぞれ来られました。

実は7月の19日にリクシルの営業と技術の方が来られて、トイレの現況を確認され、一時的な臭気対策は施こされていました。あいにく、私は不在でしたが、妻の方に原因と対処方法を説明して、臭気対策を施されて帰られました。

帰宅し、早速、臭気対策を確認の為にトイレを流すと、なんと連続2回水が流れるではありませんか、確かに臭気は上がってこなくなりましたが、これでは水を余分に流していることになるので、根本的な解決にはなっていないと思いました。

そこで、リクシルの営業さんに電話し、この方法でしか臭気対策が取れないのか聞くと、技術の方に代わられ、トイレの中の換気が効きすぎていて、室内が外気と比べて負圧になっているため、汚物を流した時に便器内の水がなくなり、配管内の臭気が上がってくるとの事で、その対策として、便器内の水を全部流しきらないように、2回に分けて汚物を流すようにしたとの説明を受けました。2回流すことによって、通常5ℓの使用量が2ℓ増えて7ℓになるとの事でしたが、2ℓとはいえ家族で使用すれば1日あたりでも20ℓ以上余分に水を流すことになります。

原因としてはトイレ室内が負圧であるために臭気が上がってくるとの事なので、M建設さんとリクシルさん立会いの下、日時を設定して再度、対応してもらう事にしました。

そして今日、臭気対策を再度してもらったのですが、まず、トイレ室内が負圧であるために臭気が上がってくるというのを、トイレを元の状態に戻し、実演してもらいました。窓を閉め切ったままでトイレを流すと、相変わらず流れきった後に臭気が上がってきます。試しに、トイレの窓を開けると、全く臭気は上がってきませんでした。

そこで、トイレ室内の排気量を減らして流してみたところ、やはり流しきった後で相変わらずの臭気が上がってきます。次は給気量を全開にして試してみてみましたが、結果変わらず。

結局、ダクト式第3種換気のため、家全体が負圧になっているので、窓を開けない限り臭気は上がってくるとの結論に至りました。

Photo

そこで、対応策としてサティスには汚水を流すモードが3つあり、

モード1 単純にトイレに溜まった汚水を水とともに流してしまう(水使用量5ℓ)
モード2 トイレに溜まった汚水をモード1と同じ分量の水で2回流す(水使用量5ℓ)
モード3 トイレに溜まった汚水をモード1より2ℓ足して2回流す(水使用量7ℓ)

前回の対応策がモード3の水使用量7ℓだったのですが、モード2で試してみようという事になり、早速、試してみると臭気が上がってこなかったので、モード2で対応してもらう事になりました。

しかし、『これってうちだけの問題じゃありませんよね?』とリクシルの方に聞いてみると、『確かに、同じような高気密のお宅で、窓を開けない方だと同じように臭気があがってくるかも知れません』との事でした。

因みに、M建設のほかの宅からこういう話でませんかと聞いたところ、今までこういう話を聞いたことが無いとの事なので、うちの妻や子と同じように、普通の人は気にならない程度の臭いなのかも知れません。

なんにしても臭気問題は解決しました。何より原因がわかった事が良かったです。

   いつもご覧いただき、ありがとうございます。臭いの原因が分かったのが良かったです。
     ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~

    注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。
 

                                               にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                       にほんブログ村

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

日めくりカレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気

ジオデータ

Add