無料ブログはココログ

着工前準備

2010年10月 6日 (水)

少しずつ進んでいます

浄化槽の設置もほぼ終わりました。

Photo_5

明後日位からいよいよ基礎工事が始まります。

うちの場合は建物の取り壊しからあったので、前準備がとても長かった気がします。工事期間はこれから5か月ほどかかるのですが、とにかくスタートできるというのは嬉しいものです。

一応、工事が始まる前に粗方の事は決めてきたつもりなのですが、いざ始まると現場作業の中でいろいろ変更しなければいけないことが出てきそうです。

実は、キッチン、バスに関してはだいぶ前に仮決めしてあったのですが、まだ、本決定しておらず、ここに来てどうしようかと悩み始めました。

キッチンはサンウェーブのピットの2550mmに浄水器と食器洗い乾燥機を付けてIHコンロにしたのですが、相見積でヤマハのベリーを取っていて、奥行1010mmのカウンター型キッチンで見積もりを取ったためにピットと比較対象にならず、うやむやの内にピットにしてしまいちょっと後悔しています。 ヤマハのショールームに行った後日にサンウェーブのピットを見たとき、やはり人大の違いに後悔してしまいました。

             ◎サンウェーブ アミィ(ピットは名称変更してるみたいです)

Photo_3

             ◎ヤマハ ベリー

Photo_4

ピットはパタパタくんなんかが便利そうでいいのですが、ヤマハの美観というかなんというか・・・ もちろん、トーヨーキッチンとか言い出せばキリがないんですけどね~

バスに関してもINAXのラ・バスとヤマハのビュートでもう一度比較検討せねばと思っています。

               ◎INAX ラ・バス

Photo

              ◎ヤマハ ビュート

Photo_2

こう考えてみるとまだまだやらなきゃいけないことが山積みです。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

                   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                 人気ブログランキングへ

2010年10月 4日 (月)

祝1万アクセス!でも記事はマイナー・・・浄化槽の設置がはじまりました。

10,000アクセス突破しました~ありがとうございます。

新居の敷地が変形地なため、基礎工事より先に合併浄化槽の設置が始まりました。

地盤調査の記事(地盤調査入りました~)でも書いたのですが、2mちょっと掘り進めたところで、やはり水が出てきました。

              ◎ムムム水が出てきました

Photo_2

私は介護施設を3件、同市で建設に携わったのですが、3件とも合併浄化槽工事時に水が出てきました。業者さんの話だと、わが町ではほとんどの場所で水が出るそうです。

その時にはポンプで水を吸い上げ、水がある程度抜けたところで、以下の手順で設置しました。

1・浄化槽の設置は2mほど掘る
2・型枠内に割栗石を敷き、隙間に目潰し砕石をすり込む
3・約200mmピッチで配筋して水平を取ってベースコンクリートを打設しする
4・ベースコンクリートが乾いた後に合併浄化槽を設置する
5・突き固めながら土を埋戻す
6・型枠にコンクリートを流し金ゴテで仕上げて完成です。

都会にお住まいの方にとっては合併浄化槽ってなんなの?という感じかもしれません。

都会では下水道が埋設されているところが多いと思いますが、地方では逆に下水道が通っていないところの方が多いと思います。

合併浄化槽とは公共下水道などが整備されていない地域では合併浄化槽の設置が義務付けられています。合併浄化槽の働きを一言でいうと「水洗トイレからの汚水(し尿)や台所・風呂などからの排水(生活雑排水)を微生物の働きなどを利用して浄化 し、きれいな水にして放流するための設備」です。

合併浄化槽の性能は、BOD除去率90%以上、処理水質BOD20mg/L以下です。各家庭に設置できる小規模な装置で、公共下水道の処理場の二次処理と同程度の処理ができます。

               ◎この装置で汚水を浄化するんですね~

Photo

とまぁ文章にすると難しいのですが、要は家庭から出る、トイレ、お風呂、台所などの汚水を合併浄化槽を通して浄化し側溝や河川に放流する設備です。

本来は下水道が通っているのが理想なのですが、市の財政状況では全市域に敷設するのは無理だと思います。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

                   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                 人気ブログランキングへ

2010年10月 1日 (金)

いよいよ着工されました。

正確にはまだ着工前のスキトリ作業なのですが、キリのいい10月1日から作業が始まりました。

GL(地盤面)を北側で設定しているのですが、南側が50cm程高くなっているので、スキトルことにより、北側とGLを合わせる必要がありました。

Photo

正直、スキトリの費用が27万(ビルダーに確認中です)近くかかり、頭が痛いところです。スキトリそのものよりも、残土の運搬費が高くてびっくりしました(泣)

この費用は外構費に含まざるおえないので、外構の予算が更に切り詰められました。

うちの場合は土地が変形地なので、建物が建ってからだと土の運搬などができなくなる可能性があり、明日、外構の打合せも行うことになっています。正直、残り少ない予算でどのような外構になるのか不安になります。

工程表も提示されました。予定通りにいけば、6日から浄化槽設置、12日から基礎工事が始まります。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

                   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                  にほんブログ村

                 人気ブログランキングへ

2010年9月24日 (金)

やっぱり水道管は20ミリ

ここ最近の懸案だった、水道管を13mmから20mmに敷設し直すかどうかの結論が出ました。

M建設の設計Yさんに依頼してあった水道管敷設の見積もりが出てきました。

やはり、大体予想されていた金額で、22万円でした。 

幸い、本管が道路地中でなく歩道地中に埋設されていたため、道路を掘削する必要がないうえ、警備員の配置も最小限で済むためにこの金額で済むようです。

もし、道路側に埋設されていたら、おそらく倍以上の金額が掛かってたかもしれないです。

まぁ、いずれにしても新たな追加費用が発生したということなんですけどね(泣)

でも、長期的に見たら水が出る出ないでイライラするよりも、精神衛生上良いですよね。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

              にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                にほんブログ村

              人気ブログランキングへ

2010年9月18日 (土)

着工までは時間がありますが・・・・

昨日、M建設の設計Yさんより地盤改良の必要がないとの一報をいただき、ホッとしました。

おそらく、このまま順調にいくと10月初旬には基礎の着工となるはずです。ただ、M建設さん自体が建設ラッシュのようで、スケジュール調整に苦労なされているようです。

我が家は長女の小学校入学には必ず間に合わせたいので、来年の3月中旬には新居で新生活を始められるようお願いしています。

普通のビルダーさんの工程でいけば、10月着工であれば1月中には引き渡しとなるのですが、M建設さんの場合は10月初旬着工でも2月末まではかかるそうです。別に人手不足とかで工期が遅れているわけではなく、例えば、基礎は天候が基礎施工に良い状態でも標準で20日以上かかるそうです。一生に一度の家ですので、余分に時間がかかっても丁寧な仕事をしていただけるのであれば、大歓迎です。

実際、基礎施工が始まるのが早くても10月初旬ですので、始まるまで手持無沙汰ですが、その間に電気工事、照明、外構を詰めていきたいと思ってます。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

               にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
               にほんブログ村

              人気ブログランキングへ

2010年9月17日 (金)

無事、地鎮祭終了しました

昨日、地盤調査、今日、地鎮祭と慌ただしく着工前の行事が進んで行きます。

御蔭さまで、本日、無事に地鎮祭を滞りなく済ませる事ができました。

              ◎恭しく頭を垂れています。

4

              ◎地鎮の刈初めです。

2            

              ◎神主さんの四方祓い(しほうはらい)

Photo
 

最近、幾分か涼しくなってきたとは言っても、この暑い中、テントや竹の準備や神主様の手配をして下さったM建設の皆さま方には感謝、感謝です。

昨日の地盤調査の結果次第で地盤改良になるのか基礎の着工に入れるのかが変わってきますが、今日まで着実にM建設さんの方で事を進めて下さるので、安心してお任せしようと思います。

地鎮祭後、M建設さんの旗が立ちました。

Photo_2

追記 先ほど(20時半)設計のYさんより、地盤調査会社より報告があり、地耐力が30kN/㎡以上あるので地盤改良の必要なしとの連絡がきたそうです。取り敢えずホッとしました。後日、調報告書が来るので確認したいと思います。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

               にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
               にほんブログ村

              人気ブログランキングへ

2010年9月16日 (木)

地盤調査入りました~

今日の15時から地盤調査が入りました。

宅地用の地盤調査としては一般的なスウェーデン方式サウンディング試験で調査します。地盤がしっかりしていないと、不同沈下を起こしたりして家が傾くこともあるので、特に気にかかります。

調査をしてる方に、地盤の状態をお伺いすると、「荷重をかけないとドリルが入っていかないので感触的にはそこそこいい値が出そうですが、正確なデータが出てからの判断になります。」との事。その後暫く作業を眺めていると、もう一人の方がちょっと気まずそうに、水が染み出てきたとの報告が・・・・早速、水が染み出ている深さを測ってみると2.2mの深さから出ていました。

       ◎まだまだ暑い中、ありがとうございます。

Photo

2

今日の結果を受けて、「地盤改良は必要なし」となるのがベストですが、もし、地盤改良となった場合どうするか。

支持層までが2m以内であれば表層改良で大丈夫だそうです。表層改良は軟弱な地盤の土とセメント系固化材を混合攪拌し、固化させることで、地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ工法で、改良費用は比較的安く済むそうです(それでも50~70万はかかりそうですが)

問題は支持層が2m以上の深度にしかない場合です。一般的には8m以下ならば柱状改良、それ以上ならば抗工法が適用されるようです。費用的には柱状改良で60万~ 抗工法であれば100万~は軽く越えて行きそうです。

水が染み出ているのが気になりますが、あとは調査結果を待つのみです。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

               にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
               にほんブログ村

              人気ブログランキングへ

2010年9月15日 (水)

うむむ・・・駐車場がやばいかも

平面図が完成した時から危惧していた事だったんですが、地縄張された敷地を見て、「う~ん、これは車が入らないかも知れんなぁ」という気がしてきました。

もちろん、平面図の時点でギリギリ入るように設計していただいてはいるのですが、この、ギリギリというところが曲者で、バックで歩道を跨ぐ形で入庫しなければいけないため、日中であれば慎重にハンドル操作すれば入庫できるのですが、夜間だと歩行者の視認が遅れたりすれば人身事故にもつながりかねません。

外壁が相当接近しているので、雑な入庫をすればすぐに擦りそうな感じで、試しに妻と地縄張している敷地で入庫できるか試してみました。

僕が乗っているステップワゴンで試してみると、バックモニターで確認しながら慎重に入庫すればなんとか干渉せずに入庫できそうですが、夜間に入庫するとなると、ちょっとどうかな~という感じです。

     ◎ステップワゴンにはバックモニターが付いていますが、スムーズに止めるのは厳しいです。

Photo_3

妻が普段乗るデミオで入庫してみると、バックモニターが付いてないので、左下後輪が死角になり、相当気を付けないと建物北西の角と干渉しそうです。

     ◎デミオの方がはるかに小さいですが、死角が多くて停めにくいです

Photo_4

もともと、僕的には変形敷地ということもあり、駐車場は取れなければそれでも仕方ないと思っていましたし、歩いて1分の妻の実家にはミニバンが2台とデミオクラスが3台は停まる駐車場があるので、そこに停めさせてもらえればいいやと思っていますが、妻は相当ガッカリしたようです。

毎日の事なので慣れればスイスイ駐車できるようになるのかもしれませんが、慣れるまでに建物と接触する可能大です。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

               にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
               にほんブログ村

              人気ブログランキングへ

2010年9月14日 (火)

地盤調査についてのあれこれ

16日の午前中に地盤調査がはいる予定です。

同じ地域の方に家を建てるときに地盤改良をしたという話を聞いたことが無いので、恐らくは大丈夫だとは思うのですが、こればかりは調べてみないとわからないので、スウェーデン方式サウンディング試験(SS試験)で調べてもらいます。

            ◎スウェーデン方式サウンディング試験(SS試験)

Photo

先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかがわかります。

この調査方法では地盤を断定的に判定できないため、不同沈下に対して安全かどうかの判断は、ある部分考察者の主観が入ることとなりますが、地盤改良が必要になり、柱状改良など費用がかかる地盤改良が必要であると判断された場合は、表面波探査などで再試験する必要があるかもしれません。

             ◎表面波探査法

Photo_2

地面をゆらして、その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。データの変化から、地層の境界を判別し、各層ごとに支持力がどのくらいあるかがわかります。

許容応力度(支持力)は、地盤が、1㎡あたりどれだけの重みを支えることが出来るか、という形で表現されます。

例えば、「40KN/㎡」とは、地盤1㎡あたり、40kN(キロニュートン)≒約4トンの重みを支えることが出来る、ということを意味しています。

○20kN/㎡以下
杭基礎であれば施工してもよい。
○20~30kN/㎡
ベタ基礎、杭基礎であれば施工してもよい。
○30kN/㎡以上
布基礎、ベタ基礎、杭基礎であれば施工してもよい。

※ “支持力20kN/㎡”は、「この地盤は1m×1mの面積で約2tの重さを支えることが出来る」ことです。

出来る事なら、20kN/㎡以上の支持力があってもらいたいものです。

我が家では、太陽光発電を載せる費用として150万円程度を予算として上げていますが、この予算は、もしもの時の地盤改良費としての役割もあり、地盤改良が必要になると、太陽光発電は露と消えるのです(泣)

※検査方式の図、説明文はビイック株式会社様のHPから引用させていただきました。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
 にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2010年9月13日 (月)

敷地に地縄張りがされました

本日、昼過ぎから営業と工務の方で敷地に地縄張りがされました。

今までは漠然と敷地に平面図を想像するしかありませんでしたが、地縄張りされることによりだいぶ現実的になってきました。

地縄張りされることにより、問題点も浮き上がってきました。

       

               ◎平面だと狭く感じますね

Photo

当初からギリギリだった駐車場の広さがでしたが、確認申請を出した時に、隣地との間隔を50cm以上開けなければいけないという民事上の法律に引っかかってしまい、建物を北側に66cm寄せたために、駐車場の広さがギリギリもしくは、若干足りない状況になりそうです。
             ◎車(ミニバン)がギリギリ入るか入らないかです

2_2

地縄張りされることによって、ご近所の方から「お家を建てられるんですね。おめでとうございます」、「建物が建つ様子を楽しみに見てますね~」とお声掛けいただいたりして、ちょっと気恥ずかしいですが、家が建つんだなぁと実感してます。

ランキング参加しています。

励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
 にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日めくりカレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気

ジオデータ

Add