無料ブログはココログ

断熱・気密施工

2010年11月27日 (土)

C値を知ることの大切さ

毎日現場にお邪魔して、進捗状況を見せて頂いてますが、工程表より大分、先行しているようです。換気ダクトの配管工事もあれよあれよという間に終わってしまいました。電気工事も配線は終わったようです。              

                ◎第三種換気で24時間計画換気になります。

Photo              
              ◎24時間換気装置装置です

2
明後日29日には気密検査を行うとの事なので、C値がいくつになるのか楽しみにしています。25日の打合せで設計のY氏にM建設で最近建てている住宅のC値がいくつぐらいなのか聞いたところ、目標値が0.4㎠/㎡だそうで、実測値は0.1~0.2㎠/㎡だそうです。

最近の大手ハウスメーカーはC値を公表していませんが、それは平成21年の改正省エネ法でC値の基準が削除されてしまったからです。Q値(熱損失係数)は基準として残されていますが、例えQ値が良くてもC値が悪ければ絵に描いた餅だと思うのですが・・・Q値は、屋根・窓・外壁・床・換気からの熱損失を計算したものですが、あくまでも机上の計算で、施工精度などは考慮されていません。計算上のQ値が良くても、施工精度が悪ければ隙間風が吹く可能性もあるのです。

その点でC値を把握しておけば、Q値の値は信用に足るものとなります。C値が低いという事は、それだけ隙間を作らない施工をしているという事なので、施工精度が高いということになります。

夜は妻と二人でカーテン選びです、事業所の建築時にお願いした内装屋さんに施工の見積もりをお願いしているのですが、カタログの中から選ぶので、妻と二人であーでもない、こーでもないと、ブツブツいいながら検討中です。              

                ◎カーテンカタログは重いしデカい(^^;)
Photo_2
寝室と縦辷り、横辷り窓のカーテンがなかなか決まりません。オーダーなので、入居1月前には生地を決めときたいです。

    いつもご覧いただきありがとうございます。カーテン選びは大変ですね。
 ブログ更新の励みになりますので、よろしければポチッとワンクリックして下さいませ~
  注文住宅(施主)ランキングに反映されますので、よろしくお願いします。
 

                          にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
                                                    にほんブログ村

                                    こちらもよろしくおねがいします。

                           ↓

                     人気ブログランキングへ

日めくりカレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気

ジオデータ

Add